土地家屋調査士試験、合格のために

基本操作2

F-788dxの基本操作 2

説明する関数の一覧表

関数キー操作用途
ii直交座標入力
∠極座標入力
Re⇔ImX Y切替実部(X座標)と虚部(Y座標)の表示切替
>a+bi>a+bi極座標を直交座標に変換
>r∠θ>r∠θ直交座標を極座標に変換
AbsAbs距離(極座標の r )の取出し
ArgArg角度(極座標の θ )の取出し
角度の計算で使用
ConjgConjg面積計算で使用
  • 設定、メモリーの基本的な使い方、四捨五入は、基本操作1
  • メモリーを使う計算、計算式の再利用・編集は、基本操作4


i の使い方

この図で説明します。

&説明図

  •  は直交座標を入力するときに使用します。
    • i を数字の後ろにつけると、虚部(Y座標)になります。

    • X=3、Y=4 のときは
      計算式3+4 i
      キー操作3+4i


∠ の使い方

説明図

  • 極座標を入力するときに使用します。
    • r =5、θ=53 ° 07 ′ 48.3685 ″ のときは
      計算式5 ∠ 53 ° 07 ′ 48.3685 "
      キー操作5 ∠ 53 ° 07 ′ 48.3685 ″


Re ⇔ Im の使い方

  • Re ⇔ Im は 、実部(X座標)と虚部(Y座標)の表示切替に使います。


    • 電卓画面の右上に、小さく R⇔I と複素数の表示がされているときに
      X Y切替 を押すと、実部( X座標 )と虚部(Y座標)の表示が切替ります


> a+b i の使い方

  • 極座標表示のとき、極座標 を 直交座標に変換 するときに使います。

    • 電卓画面の右上に、小さく R⇔I と複素数の表示があるときに、

      >a+bi= を押すと極座標 を 直交座標に変換 できます。

    • 普段は、直交座標表示で使用するので、ほとんど使いません。


> r∠ θ の使い方

説明図

  • 直行座標表示のときで、電卓画面の右上に、小さく R⇔I と複素数の表示があるときに、
    直交座標を極座標に変換できます。

    • Aメモリーに、3+4 i が入っているとして、
      極座標に変換する場合
      計算式キー操作
      A > r∠θ =A>r∠θ=

      電卓画面は

      上の段A > r∠θ
      下の段(r)


      X Y切替 で∠θ を確認

      上の段A > r∠θ
      下の段(∠θ)∠53.13010235
  • このとき° ′ ″を押しても表示は度分秒変わりません
  • Arg=で角度を取出してから° ′ ″を押すと切替えることができます


Abs の使い方

説明図

  • 距離(極座標の r )を取出すときに使います。

  • Aメモリーに、3+4 i が入っているとして説明します。
    計算式キー操作
    Abs AAbs A = 又は Abs A =

    • 本当は、Abs( A - O )なのですが、
      O=(0.00 , 0.00)なので、Abs( A )でも同じ答えです。

  • 電卓画面
    上の行Abs A
    下の行


Arg の使い方

説明図

角度の取出し方

  • 角度(極座標の ∠θ )を取出すときに使います。

  • Arg ( 視準点 - 機械点 )で計算します。
  • Aメモリーに、3+4 i が入っているとして説明します。
    計算式キー操作
    Abs A=arg A = 又は&ref2(): File not found: "swfu/d/argA.gif";; =
    • 本当は、Arg( A - O )なのですが、
      O=(0.00 , 0.00)なので、Arg( A )でも同じ答えです。

  • 電卓画面
    上の行Arg A
    下の行53.13010235


角度の引き算

説明図

  • ∠AOX を計算するときは、OAの方向角-OXの方向角

    方向角の大きい方(機械点から見て)  小さい方(機械点から見て
  • 計算式は

    Arg ( ( A - C ) ÷ ( D - C ) ) =

又は

Arg ( A - C ) - Arg ( D - C ) =


53.13010235になりましたか?


角度の足し算

  • あまり使いませんが
  • 引き算の式で ÷ を × にすると、足し算になります。

    Arg ( ( A - C ) × ( D - C ) ) =

  • 引き算の式で - を + にすると、足し算になります。

    Arg ( A - C ) + Arg ( D - C ) =

Conjg の使い方

説明図

  • 主に、面積計算のときに使用します。

    • A~D点の座標値が、それぞれA~Dメモリーに入っているとして、説明します。

    • 計算根拠は、調査士試験に出る可能性が低いと思うので、省略します。



四角形の面積計算 ①

説明図

  • 〆の書き順で対角線に計算します。

    • 何通りか組み合わせがありますが、この組み合わせは、面積がプラスで出ます

    • 虚部が倍面積となるので、計算式の先頭に 0.5 を入れておくと面積で出てきます

      計算式0.5( A - C ) Conjg ( D - B )
      キー操作面積計算

    • 電卓画面
      上の行0.5( A - C ) Conjg ( D - B
      下の行(実部)-3.5

    • X Y切替 で面積確認
      上の行0.5( A - C ) Conjg ( D - B
      下の行(虚部)12 i

      面積は、12.00㎡ と出ました。


四角形の面積計算 ②

説明図

  • 反時計回りで計算します。

    • 何通りか組み合わせがありますが、この組み合わせは、面積がプラスで出ます

    • 五角形以上の計算で、有効な方法です。

    • 虚部が倍面積となるので、計算式の先頭に 0.5 を入れておくと面積で出てきます

      計算式0.5 ( A Conjg D + D Conjg C + C Conjg B + B Conjg A )
      キー操作面積計算

    • 電卓画面
      上の行0.5 ( A Conjg B + B Conjg C + C Conjg D + D Conjg A
      下の行(実部)12.5

    • X Y切替 で面積確認
      上の行0.5 ( A Conjg B + B Conjg C + C Conjg D + D Conjg A
      下の行(虚部)12 i

      面積は、12.00㎡ と出ました。



三角形の面積計算

説明図

  • 頂角から見て、右から 計算します。

    • 何通りか組み合わせがありますが、この組み合わせは、面積がプラスで出ます

    • 三角形 A C D の計算で、説明します。

    • 虚部が倍面積なので、計算式の先頭に 0.5 を入れておくと面積で出てきます

    • 角度の引き算の順番と同じです。

      計算式0.5( A - C ) Conjg ( D - C )
      キ|操作面積計算

    • 電卓画面
      上の行0.5( A - C ) Conjg ( D - C
      下の行(実部)4.5

    • X Y切替 で面積確認
      上の行0.5( A - C ) Conjg ( D - C
      下の行(虚部)6 i

      面積は、6.00㎡ と出ました。



ここは、長かったですね
長すぎて、嫌になってませんか?
大丈夫です、これで、3分の2は終わりましたよ!

選択肢 投票
役に立った 32  
どちらとも言えない 1  
いまいち 1  



よろしければ一言、お願いします。


認証コード(5409)



a:18976 t:16 y:28

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional