土地家屋調査士試験、合格のために

基本操作4

F-788dxの基本操作 4

  • 設定、メモリーの基本的な使い方、四捨五入は、基本操作1 へ

変数メモリー(20個のメモリー)

を使った計算の注意点


  • 計算式の先頭にメモリーを呼び出す場合、Alpha と RCL によって異なります。

  • 呼び出せるメモリーも Alpha と RCL によって異なります。
AlphaRCL
計算式の先頭にメモリー呼出後続けて入力可能続けて入力するとAnsに変わる
呼び出せるメモリーA~F,X,Y,Z,MA~F,X,Y,Z,M,0~9
  • RCL は、計算式の先頭以外には、そのまま続けて入力できます。 



Alpha では、0~9メモリーを

呼出すことができません。


  • 例えば、Alpha 1 と入力すると工学表示で(メガ)が出てきます。


RCLでは、計算式の先頭にメモリーを呼出したあと

続けて計算式を入れると、Ansに変わってしまいます。


  • 例えば、RCL1 で①メモリーを呼び出します。

    上の行1=
    下の行

  • + を押すと?
    上の行Ans +
    下の行

    Ansに変わってしまいます。


Ansに変わらないようにするには

2つ方法があります。


  1. RCL1 を入力した後に 左 を押すと、続けて計算式を入力できます。

  2. 計算式の先頭を ( にすると RCL1 の後は、続けて計算式を入力できます。


計算式を再利用・編集する

計算式を呼び出す

uesita
キー操作 1回目直前の新しい計算式残っている最初の古い計算式
キー操作 2回目以降古い方に遡る新しい方に進む




編集したいところに、カーソルを移動する。

hidarimigi
キー操作 1回目計算式の最後計算式の最初
キー操作 2回目以降左に移動右に移動




計算式の置換・挿入・削除

  • 置換・挿入切替 で置換・挿入を交互に切替えることができます。
    置換挿入
    カーソルの形状横棒四角
    入力カーソルの位置で上書きカーソルの左に挿入
    削除( DELカーソルの位置を削除カーソルの左を削除
    削除( ON/Cカーソルの位置から右を全部削除



間違えて消しても、Undo元に戻せます。

  • 電卓画面の左端に、左矢印があるときに元に戻せます。

  • ON/C で消した場合 Undo 1回で全部戻ります。

  • DEL で消した場合 Undoで1つ戻ります。


最後まで、見ていただき
ありがとうございました

選択肢 投票
役に立った 12  
どちらとも言えない 3  
いまいち 1  



よろしければ一言、お願いします。


認証コード(5409)



a:5475 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional