土地家屋調査士試験、合格のために

平成22年

平成22年

平成22年を全部見る

  1. メモリー配置を決める。
  2. 測量によって得られた座標値をメモリーに入れる
  3. 地積測量図の任意座標をメモリーに入れる
  4. 座標系変換が回転を伴うか確認する
  5. C点を回転を伴わない座標系変換で求める
  6. D点を回転を伴わない座標系変換で求める
  7. F点を回転を伴わない座標系変換で求める
  8. G点を回転を伴わない座標系変換で求める
  9. C点、D点、F点、G点を、まとめて検算する
  10. A市基準点の座標値をメモリーに入れる
  11. G点をT3からの距離と方向角で求める
  12. L点をT3からの距離と方向角で求める
  13. F点をT2からの距離と方向角で求める
  14. K点をC点からの距離と方向角で求める
  15. 計算点を四捨五入する。
  16. 面積計算
  17. 辺長計算



a:6349 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional