土地家屋調査士試験、合格のために

F-788dxならではの計算

F-788dxならではの計算


求 積 表 の計算

  • 最近の本試験では、出題されていませんが、もしもに備えてみては、どうでしょうか。
  • メモリーに入れた座標値を利用することで、時間短縮できます。
  • 略記法なので、数字の書く量が多いです。
  • でも、計算時間は、比べ物にならないくらい速いです。

回転を伴う 座標系変換 の計算

  • 計算式は長いですが、入力は1回目の計算だけです。
  • 2回目以降は計算式の2箇所を入れ替えるだけで簡単に出せます。
  • 入れ替えるのは、メモリーに入れておいた、変換前の座標値です。
  • メモリーに入れた座標値を利用することで、時間短縮できます。



a:4750 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional