土地家屋調査士試験、合格のために

H2 F点

平成2年 F点

説明図

計算に必要な点の座標値をメモリーに入れる。

  • A点の座標値を、Aメモリーに入れる
    計算式40   + 30    i → A

  • B点の座標値を、Bメモリーに入れる
    計算式40   + 52    i → B

  • E点の座標値を、Eメモリーに入れる
    計算式40   + 41    i → E

  • G点の座標値を、Xメモリーに入れる
    計算式58.56854637 + 43.37860015 i → X

  • P点の座標値を、3メモリーに入れる
    計算式40   + 38.73641349 i → 3メモ

内分比①(PF)を求める

  • R点を、4メモリーに入れる。
    計算式1 ∠ ( arg ( B - A ) - 106°41'57" =Ansキーを押してから
    4 メモリーに入れる
    計算値
    (座標系は違います)
    実部(X座標)虚部(Y座標)
    - 0.966362365 - 0.257184329 i
  • 内分比①(PF)
    計算式( 3メモ - E ) ÷ 4メモ =
    計算値
    (座標系は違います)
    実部(X座標)虚部(Y座標)
    0.650433862-2.168123539 i

    • i を取出して、5メモリーに入れる。
計算式Abs Ans sin arg Ans = Ansを押してから5メモリーに入れる
計算値-2.168123539

※1.どちらか一方がマイナスになります
※2.必ず、プラスでメモリーに入れてください。


内分比②(GF)を求める

  • 内分比②(GF)
  • 内分比①の計算式を再利用します。
  • ↑↑→→ と押して3メモに変えます。
計算式( X - E ) ÷ 4メモ =
計算値
(座標系は違います)
実部(X座標)虚部(Y座標)
17.101966387.61389513 i


  • i を取出して、6メモリーに入れる。
  • ↑↑=と押すと簡単に の値を取出せます。
計算式Abs Ans sin arg Ans =Ansを押してから6メモリーに入れる
計算値7.61389513


内分点計算でF点を求める。

計算式( 3メモ 6メモ + X 5メモ ) ÷ ( 5メモ + 6メモ =
計算値X座標Y座標Ansキーを押してから
Fメモリーに入れる
44.115602739.76532526 i




交点計算(3与点、1方向角)に戻る
計算別目次に戻る
平成2年を全部見る



a:1507 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional